エイジングケアの栄養素「ビタミンE」とは

エイジングケアに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」が挙げられます。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つからなるビタミンACEですが、

今回はビタミンEについてご紹介していきます。

ビタミンEとは

ビタミンEは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一種で、

ひまわり油やマーガリンなどの油脂類やアーモンドなどの種実類、魚の肝や卵に多く含まれております。

動脈硬化の予防

活性酸素により酸化した酸化LDLや脂肪が血管内にたまると動脈硬化の原因になります。
その活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化効果があるので、ビタミンEが動脈硬化の予防になります。

冷え性改善

ビタミンEは毛細血管を広げる働きがあるので血行が良くなり、末端血管の結構悪化を防ぐため、冷えにも効果があります。
また、血行が促進されると肩こりや腰痛、頭痛なども防ぐことが出来ます。

美白効果

ビタミンEの強力な抗酸化作用によって、活性酸素によるメラニンの生成をブロックするため、シミやそばかすなど肌の黒ずみを防ぐことが出来ます。
また、血行を良くするため、新陳代謝が活性化し、肌のターンオーバーのサイクルを正常にすることから、美白・美肌効果も期待できます。
肌荒れやニキビ予防にも効果を発揮します。

エイジングケアの栄養素「ビタミンC」とは

エイジングケアに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」が挙げられます。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つからなるビタミンACEですが、

今回はビタミンCについてご紹介していきます。

ビタミンCとは

ビタミンCは、水に溶けやすい水溶性ビタミンの一種で、美容ビタミンとして有名な栄養素です。

ビタミンCは、パプリカやレモンなどの柑橘類、アセロラ、キャベツなどに多く含まれています。

水溶性ビタミンは、摂取してから2時間から3時間ほどで排出されてしまいます。
そのため、1日に数回に分け、毎日摂取する事が必要です。

ストレスケア

ビタミンCは抗ストレスビタミンとしても有名です。
ストレスや疲労による活性酸素を取り除くためにビタミンCを消費します。
その場合こまめなビタミンC摂取が必要です。

貧血予防効果も

ビタミンCはミネラルの吸収を促進する効果があります。
特に女性に多い貧血は、ミネラルの一種である鉄が足りていないと起こるので、鉄が含まれるレバーなどと一緒にビタミンCも摂ると効率良く吸収されるのでおすすめです。

シワやたるみ改善

紫外線や過年による肌のダメージです。
コラーゲンやヒアルロン酸の減少によって肌のハリがなくなり、シワやたるみに繋がります。
ビタミンCは紫外線による活性酸素の発生を抑制するほか、コラーゲンの生成のサポートもするので、早いうちからはじめておきたいエイジングケアとして、ビタミンCの摂取は必須です。

 

エイジングケアの栄養素「ビタミンA」とは

エイジングケアに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」が挙げられます。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つからなるビタミンACEですが、

今回はビタミンA(βカロテン)についてご紹介していきます。

ビタミンAとは

ビタミンAは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一種で、私たちは普段レチノールやβカロテンとして食品から摂取してます。

レチノールとしては、鶏レバー、うなぎ、卵 など
βカロテンとしては、しそ、にんじん、ほうれん草 など

から摂取することが出来ます。

油やビタミンEと一緒に摂ることによって効率良く吸収することが出来ます。

目の健康

ビタミンAと言えば、目の健康に欠かせないビタミンと言われており、夜や暗いところで視力が衰えてしまう夜盲症などの改善や色を見る機能にもビタミンAが関わっています。

美肌効果も

また、ビタミンAは美肌にも効果的です。
皮膚の新陳代謝を促進することで、肌の生まれ変わりをサポ―トします。
皮膚の乾燥を防ぎ潤いを持たせることが出来るので、 美肌には必要なビタミンと言えそうです。

抗酸化作用

そして、エイジングケア効果として抗酸化作用が挙げられます。
抗酸化作用は、体内で発生した活性酸素(老化の原因)を除去し、活性酸素による老化を減少することが出来ます。

トータルで、美容に良い栄養素ですが、夜盲症やエイジングケアなど健康面でもサポートすることができるので積極的に摂取していきたいです。

エイジングケアに効果的な栄養素

人間は20代から老化が始まると言われており、体内で補えない分は食事などから取りいれなければなりません。

そこで、エイジングケアをする上で、必要になってくる栄養素があります。

ただやみくもに栄養を摂取しても、本当に必要な栄養素摂れていなければエイジングケアに繋がらないでしょう。

そこでエイジングケアに必要な栄養素をご紹介します。

エイジングケアに効果的な栄養素

アンチエイジングに効果的と言われる栄養素があります。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

以上の3つが主に代表的なアンチエイジングビタミンと言われており、別名「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれています。

この3つが代表的な栄養素で、普段の食事からも摂りやすいのでおすすめです。

その他にも、血糖値の上昇を抑える栄養素や体内の老廃物を排出する栄養素などもあるので、幅広い視点でエイジングケアに取り組んでいくことが重要です。

基本的には、野菜などから直接摂取することが好ましいですが、摂れないという場合は、サプリメントや青汁などの健康食品で補っていくことも1つの手でしょう。

特に青汁にはアンチエイジングに特化した栄養素が多く含まれています。

上記で挙げた、若返りのビタミンやその他の栄養素について、後程詳細な紹介をしていきます。

 

老化の原因とは

体の至る機能の劣化や肌のシミ・シワ・たるみなど体の老化と共に様々な影響があると思います。
しかし、歳を取ったからという一言で済ますのは、もったいないです。
老化の原因さえ知っておけば、早いうちから対策を練ることも可能です。

老化の原因としてはいくつかの大きなものが挙げられます。
特に美容を意識する人には重要な肌老化の原因についてご紹介します。

紫外線による肌の老化

紫外線による影響は主に2種類あり、1つが日焼けと呼ばれるサンバーン(皮膚が赤くなる)やサンタン(皮膚が黒くなる)を引き起こす現象です。もう1つは別名光老化などと言われますが、長年の紫外線蓄積により肌の張りや弾力を失わせメラニン色素を酸化(老化)させ肌を黒くしてしまうものです。

暑い日だけ日焼け止めなど紫外線対策をしている人も多いですが、紫外線は1年中天候問わず降り注いでいるものなので、知らず知らずのうちに私たちの体に蓄積されていき老化現象を引き起こします。

細胞の酸化による肌の老化

金属が錆びたりや果物の皮が黒く変色したりする現象はご存知ですよね?
それらを酸化と言うのですが、実は私たち人間も酸化してしまうのです。
体内に取りいれられる酸素の1部が活性酸素に変化し、脂質と結合して細胞を酸化させます。

この酸化が進むとコラーゲンの生成などを妨害して、ハリのある肌が作られにくくなってしまいます。
活性酸素は呼吸以外にも、紫外線やストレス、大気汚染などによって発生します。

皮膚の乾燥による肌の老化

歳をとるにつれて肌の潤いがなくなっていきますよね?

これは長年の肌の乾燥で角質の損傷や表皮にある水分の蒸発によって表皮が薄くなり、小じわなどの原因になります。

これらの積み重ねが肌の老化の主な原因なので、早いうちから対策を練っておくことが大切です。

 

毛穴の引き締め方法

皮脂などがつまり毛穴が開いていて悩んでいる人はいませんか?
イチゴ鼻や毛穴全開は嫌だという方にキレイな毛穴になる方法と引き締め方法をご紹介します。

色々パックなども試してみたけど、なかなかキレイにならないという方も多いハズ。
そんな方に自宅で実践できるメソッドをご紹介!

用意するもの

  • 綿棒
  • オリーブオイル(少量)
  • スプーン(冷蔵庫で冷やしておく)

毛穴の掃除

まずは顔を蒸して毛穴を開きます。
蒸しタオルや湯船につかって蒸してから、クレンジングを始めます。
しっかり泡立て、やさしく円を描くように洗顔していきます。
ここでポイントなのが、洗った後すぐ流さない事です。
しっかり浮き出してから流すことを心がけます。

そしてここからがおすすめポイント。
綿棒にオリーブオイルをしみこませ小鼻周りを優しく撫でていきます。
オリーブオイルは人間の皮脂に似ているということから、毛穴の汚れも浮き出しやすいのです。
あまり力を入れずにやりましょう。
そして一通り出来たら洗い流します。
一回で全部きれいにするというより、毎日少しずつキレイにしていきましょう。

毛穴の引き締め

しっかりと毛穴の掃除が出来たら、今度は引き締めです。
1番いいのは冷やすことです。
しっかり流した顔を冷水で改めて流します。
(※洗顔後すぐに冷水はNG。汚れが落ちなくなるためぬるま湯使用)
そしてここからがワンポイント。
あらかじめスプーンを冷蔵庫に入れて置き、キンキンになったスプーンを小鼻など毛穴が気になるところに当てていきます。
スプーンの程よいカーブと冷却力がうまくマッチするので是非やってみてください。

スプーン引き締めはいざと言うときにも使えるので、気になったら引き締めが出来るよう常に何本か冷蔵庫に入れておくといいですね!

日焼け後のケアをしてないとヤバイ?

日中外に出ていた方、家に帰ってしっかりケアしていますか?
「少し焼けちゃった」で、済ましていませんか?

その油断が大きな後悔に変わります。

日焼け後にやっておく4つのフロー

まずは冷やす。
特に顔や腕は露出している分熱が溜まりやすいので、熱を放出してあげます。
冷たいシャワーを浴びたり、水風呂などもいいでしょう。

そして保湿。
日焼けをすると、皮膚が乾燥してしまします。
この乾燥を放置すると、炎症を引き起こしたり二次被害に繋がります。
顔同様に腕などにも化粧水を染み込ませクリーム等で保湿してあげます。
痛みが気になる場合は軟膏やワセリンなど刺激が少ないものを塗るようにしましょう。

水分補給。
意外に大切なのは体内からのアプローチです。
特に日中外に出ていたり日に当たっていると、知らぬ間に体から水分が奪われていきます。
そのため水分補給をし、体内から潤いを与えましょう。

睡眠(休息)の徹底。
日焼け後は特に体が外部のストレスを受けた状態で非常にデリケートになっています。
体をしっかり休めてあげることが1番のケアです。
その際も水分補給を忘れずに余裕をもって睡眠を取ることを心がけましょう。

おまけ。
おまけとして(これも大切な事ですが・・)栄養素の補給を挙げます。
紫外線によって皮膚を生成するコラーゲンの素となるビタミンCが不足します。
そうすると、皮膚の新陳代謝が悪くなり、皮膚の生まれ変わりが遅くなってしまいます。
なので食事や飲み物からビタミンCを多く摂ることを意識しましょう。

これらは夏だけの話ではなくて、1年中紫外線は出ているという認識のもと心がけていきたいですね。

アンチエイジングとは

皆さんはアンチエイジングという言葉はご存知でしょうか?

人間は歳を重ねるごとに老化(エイジング)していきます。
その原因としては、生活の中でのストレスや紫外線、そして呼吸をする事で体内に活性酸素と言うものが発生します。
活性酸素が加齢によって蓄積されていくと、体の至る部分を劣化(酸化)させてしまします。
これが老化の一般的な仕組みです。

そこで、その老化のスピードを少しでも抑え、心身ともに若くいれるようにする取り組みをアンチエイジングと言います。
それではいくつかのエイジングケアの方法をご紹介します。

大きく分けると、医療や食生活、睡眠、運動などがありますが、今回は身近な食生活についてのエイジングケアについてピックアップしてみました。

体内の活性酸素を除去する働きを持つ「酵素」や「抗酸化物質」をもつものを積極的に摂りいれることが食事での意識する点です。

酵素とは食べたものを消化する働きや肌などの新陳代謝を促したり、血液の循環にも関わってきます。
そんな酵素はもともと体内に存在しているものもあります。
しかし食事等からも取りいれることでよりその効果を発揮しましょうという事です。
中でも強力な抗酸化力を持つ、SOD酵素が多く含まれるものとして、青汁などによく使われる明日葉やほうじ茶・ルイボスティーなどに多く含まれています。

一方抗酸化作用を持ちアンチエイジングに効果的とされるビタミンやミネラルもあります。
特に有名なのがビタミンCやビタミンE。これらはシワやシミの改善に効果があると言われていますが、シワやシミの原因も活性酸素によるもので、その活性酸素を除去するのが抗酸化力をもつ栄養素なのです。

その他にも、ビタミンだとビタミンA(βカロテン)やミネラルだと亜鉛などがあります。
比較的野菜や果物などに多く含まれているので摂取やすくなっています。

これらの抗酸化物質を積極的に摂って老化を防止しましょう!

スキンケアの大切さ

日頃からのスキンケアが大切だとよく聞きますが、なぜそこまで大切なのでしょうか?

肌は常に人の目につくものです。
仮にシワが1つできたとしたら、それを多くの人に見られてしまうという事です。
もちろん1番ガッカリするのは自分自身だと思います。

ニキビや肌荒れが出来ただけで、人に会うのが嫌になることもありますよね。
それ以上に直すのが難しいシワやシミなどにならないためにスキンケアが大切なんです。

スキンケアの手順としては、

(朝)洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリーム→メイク
(夜)クレンジング→洗顔→化粧水→乳液・クリーム

主にこのような方がほとんどだとと思います。

でも実はこれ通りやればいいというわけではなく、一つ一つの質が大切なんです。
一口に洗顔と言ってもしっかり泡立てて洗い、よく流す人と、
適当に泡立てて洗い、軽く流す人との間では天と地の差が生まれます。

洗顔の例の場合だと、よく泡立てる事できめ細かな泡が細かい皮膚の表面の皮脂をキレイに落とし、よく流すことで毛穴に洗い残りなどが残らないようにしています。

これの逆を考えてみましょう。
まず、泡がしっかり立っていないので、細かな皮脂まで洗い流すことが出来ず、毛穴に汚れが詰まったままになります。
また、しっかり流さないことで、泡や汚れが髪の毛の生え際などに残り、ニキビなどの原因になってしまいます。

たった1つの手抜きがこれだけの影響を及ぼします。
しかも、それが毎日となると想像したくもないですね・・・

なので一つ一つのフローをしっかりこなし、毎日万全の状態をキープできるよう、細かいところまで意識してスキンケアをしていきましょう。