エイジングケアの栄養素「ビタミンE」とは

エイジングケアに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」が挙げられます。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つからなるビタミンACEですが、

今回はビタミンEについてご紹介していきます。

ビタミンEとは

ビタミンEは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一種で、

ひまわり油やマーガリンなどの油脂類やアーモンドなどの種実類、魚の肝や卵に多く含まれております。

動脈硬化の予防

活性酸素により酸化した酸化LDLや脂肪が血管内にたまると動脈硬化の原因になります。
その活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化効果があるので、ビタミンEが動脈硬化の予防になります。

冷え性改善

ビタミンEは毛細血管を広げる働きがあるので血行が良くなり、末端血管の結構悪化を防ぐため、冷えにも効果があります。
また、血行が促進されると肩こりや腰痛、頭痛なども防ぐことが出来ます。

美白効果

ビタミンEの強力な抗酸化作用によって、活性酸素によるメラニンの生成をブロックするため、シミやそばかすなど肌の黒ずみを防ぐことが出来ます。
また、血行を良くするため、新陳代謝が活性化し、肌のターンオーバーのサイクルを正常にすることから、美白・美肌効果も期待できます。
肌荒れやニキビ予防にも効果を発揮します。

エイジングケアの栄養素「ビタミンC」とは

エイジングケアに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」が挙げられます。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つからなるビタミンACEですが、

今回はビタミンCについてご紹介していきます。

ビタミンCとは

ビタミンCは、水に溶けやすい水溶性ビタミンの一種で、美容ビタミンとして有名な栄養素です。

ビタミンCは、パプリカやレモンなどの柑橘類、アセロラ、キャベツなどに多く含まれています。

水溶性ビタミンは、摂取してから2時間から3時間ほどで排出されてしまいます。
そのため、1日に数回に分け、毎日摂取する事が必要です。

ストレスケア

ビタミンCは抗ストレスビタミンとしても有名です。
ストレスや疲労による活性酸素を取り除くためにビタミンCを消費します。
その場合こまめなビタミンC摂取が必要です。

貧血予防効果も

ビタミンCはミネラルの吸収を促進する効果があります。
特に女性に多い貧血は、ミネラルの一種である鉄が足りていないと起こるので、鉄が含まれるレバーなどと一緒にビタミンCも摂ると効率良く吸収されるのでおすすめです。

シワやたるみ改善

紫外線や過年による肌のダメージです。
コラーゲンやヒアルロン酸の減少によって肌のハリがなくなり、シワやたるみに繋がります。
ビタミンCは紫外線による活性酸素の発生を抑制するほか、コラーゲンの生成のサポートもするので、早いうちからはじめておきたいエイジングケアとして、ビタミンCの摂取は必須です。

 

エイジングケアの栄養素「ビタミンA」とは

エイジングケアに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」が挙げられます。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つからなるビタミンACEですが、

今回はビタミンA(βカロテン)についてご紹介していきます。

ビタミンAとは

ビタミンAは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一種で、私たちは普段レチノールやβカロテンとして食品から摂取してます。

レチノールとしては、鶏レバー、うなぎ、卵 など
βカロテンとしては、しそ、にんじん、ほうれん草 など

から摂取することが出来ます。

油やビタミンEと一緒に摂ることによって効率良く吸収することが出来ます。

目の健康

ビタミンAと言えば、目の健康に欠かせないビタミンと言われており、夜や暗いところで視力が衰えてしまう夜盲症などの改善や色を見る機能にもビタミンAが関わっています。

美肌効果も

また、ビタミンAは美肌にも効果的です。
皮膚の新陳代謝を促進することで、肌の生まれ変わりをサポ―トします。
皮膚の乾燥を防ぎ潤いを持たせることが出来るので、 美肌には必要なビタミンと言えそうです。

抗酸化作用

そして、エイジングケア効果として抗酸化作用が挙げられます。
抗酸化作用は、体内で発生した活性酸素(老化の原因)を除去し、活性酸素による老化を減少することが出来ます。

トータルで、美容に良い栄養素ですが、夜盲症やエイジングケアなど健康面でもサポートすることができるので積極的に摂取していきたいです。

エイジングケアに効果的な栄養素

人間は20代から老化が始まると言われており、体内で補えない分は食事などから取りいれなければなりません。

そこで、エイジングケアをする上で、必要になってくる栄養素があります。

ただやみくもに栄養を摂取しても、本当に必要な栄養素摂れていなければエイジングケアに繋がらないでしょう。

そこでエイジングケアに必要な栄養素をご紹介します。

エイジングケアに効果的な栄養素

アンチエイジングに効果的と言われる栄養素があります。

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

以上の3つが主に代表的なアンチエイジングビタミンと言われており、別名「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれています。

この3つが代表的な栄養素で、普段の食事からも摂りやすいのでおすすめです。

その他にも、血糖値の上昇を抑える栄養素や体内の老廃物を排出する栄養素などもあるので、幅広い視点でエイジングケアに取り組んでいくことが重要です。

基本的には、野菜などから直接摂取することが好ましいですが、摂れないという場合は、サプリメントや青汁などの健康食品で補っていくことも1つの手でしょう。

特に青汁にはアンチエイジングに特化した栄養素が多く含まれています。

上記で挙げた、若返りのビタミンやその他の栄養素について、後程詳細な紹介をしていきます。